スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

またまた、ミジンベニハゼ<゜)))彡

またまた、ミジンベニハゼです(^^;)
「ミジンしかないのかー!?」と、ご指摘されそうですが、
そういうわけではございません。

前回は、「自分的に完成度が高い作品」をご紹介しましたが、
いちおう、「時系列で並べて行こうかな」って思うところもございまして(^^;)


2012年6月25日(月)。
天気は、くもり。
時々、あめ。

朝、4時45分頃、自宅を出発。
8時すぎに須江に到着。

ゆっくり準備をしつつ、
8時45分~10時前まで、セミナー1回目。
まずは、「写真とは?」とか、「カメラの基本的な仕組み」みたいな講義を受けて、
1本目のポイント、「地蔵岩」へ。

この日の、和歌山県南部の予報(波の高さ)は、
「2.5~3mうねりを伴う」でしたが、
須江は、東風に強いのか、穏やかでした。


ドボン。


ですが、透明度は、あまりよろしくないようで、
エントリーして、(船首の)潜降ロープが見えない(+_+)

でも、まぁ、こんな海況も潜り慣れてるので、
ぼちぼち潜降しつつ、ロープが見えればいいや、と思いつつ、
潜降を試みるも…

沈まない(^^;)

須江の12Lタンクは、田辺の(12Lタンク)より軽いのか!?
と疑いました(笑)

仕方がないので、ロープまで泳いで、ロープ潜降(^^;)
そして、耳抜きにも、苦戦(+_+)
先々週潜ったばっかりやのに、醜態を晒すことに(^^;)


…と、ダイブログを書いてるみたいになってきましたね(笑)
まぁ、ええか(爆)


で、まずは、第一の獲物(獲物って^^;)


(ビン入り)ミジンベニハゼ<゜)))彡


た~~んまり写真を撮って、次の獲物(だからぁ^^;)


お次は、(ウニ殻入り)ミジンベニハゼ<゜)))彡


R0019710.jpg
2012.6.25 @地蔵岩(須江)
F5.0
1/160


こちらも、ペアで居てるらしいですが、
1匹(メス?)しか出てきてくれませんでした。

でも、よ~~く見てみると…


R0019729.jpg
F5.0
1/160


エビらしきものが、右に見えます。
これも、共生!?

ミジンちゃんって、共生ハゼ??


ではないと思いますが(^^;)


撮ってるときは気付きませんでしたが、
あとでPCで確認すると、エビらしきものが写ってて、
ラッキーショットでした(^^)



スポンサーサイト

今週のヒマワリ君

海ログを書きたいところですが…
ヒマワリログも、書かねばならぬ、当ブログ(笑)


まずは、大きい鉢の、ヒマワリ君。


R0020222.jpg


順調に、成長しております。
台風に負けかけてましたが、
少しずつ、茎がまっすぐ、上向きになってきました(^^)
現在、体長、30~35cmくらいでしょうか。


そして、小さい鉢の、ヒマワリ君。


R0020224.jpg


こちらも、順調に成長しております。
が…

大きい鉢に比べて、線が細いです。
やっぱり、鉢の大きさに合わせて、栄養分を吸収する量が少ないんでしょうか。
でも、まだ大きいほうよりは、背が高いです。
体長、約40cm。
来週くらいには、逆転されてるでしょうか!?



ガラスハゼ<゜)))彡

R0020065.jpg
2012.6.26 @ナギザキ(須江)
F4.4
1/200

先日の、ABE WEEKフォトセミナーで、
講師の阿部秀樹氏よりご教授いただいた、
「構図を作る際のコツ」みたいなのを、
翌日潜った際に実践してみて、
(自分的に)いちばん上手く撮れたかなー、っていう作品です。

ピントや、露出や、ストロボの当たり具合も
いい感じ。。。かな。

あと、阿部先生がおっしゃるには、
「RAWで撮って、PCでお化粧(補正、修正)すると、
作品としての完成度がもっと上がる」
ということなんですが…

「データ量の問題」とか
「補正する(PCいじる)時間がない」

という理由により、
このへんは、後回しにせざるを得ません(^^;)

やれば、もっと完成度が高くなるんでしょうが。。。



R0019848.jpg
2012.6.25 @ナギザキ(須江)
F5.0
1/50

同じような画像ですが(笑)
同じ個体ですので<゜)))彡

こちらは、セミナー当日に撮った画像です。
阿部先生の、構図のお話を聞く前に撮ったんですが…

意外と、こういう構図を狙ってたりしてたのかも!?
でも、今までは、自分の直感(センス)で構図を作ってたのですが、
プロの写真家さんの後ろ楯を得たようで、
何だか嬉しいですね(^^)




そして、恒例の(というわけではないですが^^;)
失敗作品のご紹介です(笑)
今回は、「失敗」というより、「惜しぃ~い作品」を。


R0020061.jpg


わずかに、(目から)ピントがずれてます。
でも、そのぶん、背鰭にピントが合ってて、
背鰭の質感とか透明感が表現できてます。
口を開けてて、ちょっとお間抜けな顔もキュートですね(笑)



R0020040.jpg
せっかく、ペアで並んだのに…
ピントも合ってるのに…
構図が、惜しいです(+_+)
この1枚撮ったら、相方さんは、どっかへ行ってしまいました(+_+)



ミジンベニハゼ

須江ダイビングセンターにて、
「ABE WEEKフォトセミナー」受講してきました。

「写真とは?」から、
「良い構図の作り方」とか、
「コンデジの弱点」とか、
「こういう写真はコンデジでしか撮れない」という作品とか、
「コンデジで一眼に迫るには、こうするべし」みたいなところまで、
色々ご教授いただきました。

阿部秀樹先生、ありがとうございましたm(_ _)m



課題その①。
「ミジンベニハゼ」。
1本目、ポイント「地蔵岩」。
エントリーして、真っ先に向かいました。
ビンの中で、ペアで暮らしてます。


R0019709.jpg
2012.06.25 @地蔵岩(須江)
F5.0
1/160


まずは、ピントが微妙な写真から(笑)
(阿部氏いわく)手前がメスで、奥がオスらしいです。
ビンの上のほうに、卵が見えます。

(これまた阿部氏いわく)メスが、卵を口にくわえて、
ビンの外へ「バッ、バッ」と吐き出して、ハッチアウトさせてたらしいです。
kinnikun_yuiの撮影中も、それらしい行動を示してましたが、
その瞬間をコンデジで捉えるのは、至難の業です(+_+)


お次の1枚。


R0019698.jpg
F5.0
1/100


2匹同時にピントが合った、貴重なショットです(^^;)
クローズアップレンズなしで、かなり手前まで寄ったので、
ビンの入り口までしか出てくれませんでした。
ミジンちゃんにストレス与えてしまったかな(+_+)


R0019697.jpg
F5.0
1/100


1匹ですが、ビンの外まで、ちょっとでも出てくれたら、
目の色が、青くなりました。

やっぱり、ストロボ2灯あると、いいですねー。
(これぐらいの)寄り寄りマクロだと、
取り回しに少し苦労しますが、
ライティングは、楽になりました(^^)



もう1枚。


R0019660.jpg
F5.0
1/100


こちらは、ノーストロボで。
ストロボに付属のターゲットライト×2と、
手持ちライト(INON LE550-W)のみで撮影。

ライティングを工夫すれば、
ノーストロボでも、もっと面白い写真を撮れそうな気がします。



本日は、引き続いて、須江の海を潜ります。
そのへんも、いっぺん試してみよっかなー。


2012.06.11 田辺ダイビングのログ、2本目。

2本目です。
ポイント、「中島(ナカシマ)」。

kinnikun_yuiは、「ナカジマ」。
なので、思い入れの深いポイントであります(笑)

先ほど(1本目)よりは、少し波がありますが、
それでも「べた凪ぎ」な部類ですので、
器材を背負うのも楽チンです。

早速、エントリーします。



ドボン。



1本目同様、透明度は、ぼちぼちです。
こちらのほうが、少し良かったでしょうか。

今回のお目当ては、「ニシキフウライウオyg」。
水深20mくらいの、ソフトコーラル畑(?)を探索します。

その近くには、アオリイカの産卵床も設置されてますが、
こちらは、スルーです(笑)
卵はありましたが、アオリイカの姿も見かけないですので。
田辺では、もう(産卵のシーズンは)終わったらしいです。

…と、脇道にそれてしまいました(^^;)
ニシキ君の捜索です。


R0019553.jpg

スズメダイ。
普段ならスルーですが、
「寄ってきた」というのと、
「撮るもんがないので(^^;)」



R0019555.jpg

ホシノハゼ…で、合ってるかな!?
何を隠そう、ハゼは苦手です(^^;)



R0019560.jpg

ハナイカ。
発見時は、動いてなかったんですが、
撮ると逃げてったので、
ピンボケしか撮れませんでした(^^;)



R0019566.jpg

オルトマンワラエビ。
足がはみ出してますが、こういう構図もアリかと。
もっと粘って撮ったら、面白い被写体なんでしょうが、
ニシキ君探しの最中でしたので。。。



結局、ニシキ君は見つけることができませんでした(+_+)
「寄り道ばっかりしてるからや」っていうツッコミは、ご遠慮いただきます(笑)
見つからないから、「そこにおったやつ」を撮らざるを得なかったのです(^^;)


諦めて、浅場へ。
ガイドのたっちゃん(矢口潜水の野生児!?)が、
一人で再捜索へ。

その間、kinnikun_yuiは、


R0019576.jpg

ウツボと戯れてました。


暫くして、たっちゃんが帰ってきました。

た「居てたので、もう一度行きましょう」
僕「残圧50やけど、行ける?」
た「大丈夫。オクトパス、吸わしたるから(笑)」
僕「う~~ん。そこまで言うなら…」

みたいなやりとりを、水中で交わして、
再び深場を目指す…


…が、ダイコンの数字(無減圧潜水時間)が、みるみる減っていく。
-17mで、残7分。


こりゃ、ダメだs(^^;)
仮に見れたとしても、3枚くらいしか撮れないだろうし、
DECO出たら、減圧するだけのクウキが残ってない(+_+)

ので、たっちゃんに合図をして、ふたたび浅場へ。



R0019580.jpg

ミナミハコフグyg。
全然寄らせてくれないので、
思いっきりトリミングしました(^^;)



R0019587.jpg

安全停止は、塔(このポイントの真ん中に観測塔がある)のまわりで。
オキゴンベと戯れながら。


最後のほう、少し流れが出てたのか、
アンカーの回収に、少し手間取ってました。


お目当てのニシキ君は見れなかったし、
写真も全然撮ってませんが、
楽しいダイビングでした。



Dive No.90  中島

水温 21.5度
透明度 10~12m
エントリー 11:47
エキジット 12:37
潜水時間 50分
残圧 190→10(スチール10L)
平均水深 14.5m
最大水深 25.1m



クウキが美味い!!(笑)



ぷろふぃ~る

kinnikun_yui

Author:kinnikun_yui
「なかじま家の食卓」時々「ダイビング」
と言いつつ、

ダイビング系のネタのほうが多くなってる、
ヘンテコリンなブログです(笑)

facebookはこちら
 
 

最新記事
最新こめんと
最新とらっくばっく
月別あ~かいぶ
かてごり~
かうんた~
りんく
お天気

-天気予報コム- -FC2-
たいどぐらふ
検索ふぉ~む
RSSりんくの表示
ぶろとも申請ふぉ~む

この人とブロともになる

QRこ~ど
QR
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。