スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012.01.23 須江ダイビングのログ、2本目。

1本目終了後、2本目までの間、
須江ダイビングセンターへ戻り、
現在開催中の写真展(すえっこ5人展「トワイライトゾーン須江」)
を、見学させていただきました。

写真展(外)
入口です。


写真展(内)
内部です。
kimiさんの作品も数点、出展されてます。



さて、2本目へまいります。

ポイントは、またまた内浦ビーチ。
「月刊ダイバー2月号」に、須江の特集が組まれてまして、
ボートのポイントも紹介されてましたが、
まだまだ須江ビギナーなので、内浦ビーチを堪能したいと思います。

…とは言え、1本目と、前回(1月3日)で、
内浦で見たいものは、ほぼ見尽してしまった感があり、

「何を見にいきますか?」と、
ガイド氏から聞かれても、
「う~~ん」と、考えちゃいました(^^;)


そんな感じで、1本目と比べたら、
テンションが曖昧なまま、エントリーしました。


ドボン。


エントリーして、前方、やや左くらいを、
深場の砂地へ向けて、
徐々に深度を下げつつ、泳いでいった先には、


瓶ミジンベニハゼ①
瓶ミジンベニハゼ②
ミジンベニハゼ。
瓶の中に居てます。
今流行りの(!?)、バックライト撮影で。
なかなか、ピントが合いませんが(^^;)

綺麗な画像は、kimiさんゆかちんさんのところで、ご覧下さい^m^


上手く撮れないですが、2本目の、2大メインの一角でしたので、
(無減圧残)9分くらいまで粘りました。

瓶ミジンベニハゼ③
こちらは、バックライト+ストロボも焚いてみました。



そして、少し移動して。

アミメハギyg
アミメハギ(yg)。
ピント合ってませんが(^^;)


アミメハギyg②
もう1枚。
2体居たんですが、
1匹は、こちらに全く興味を示さず。
逃げる系でした<゜)))彡

で、こいつは、やたら興味を示してきて、
レンズの前をチョロチョロ動いて、
ピントを合わさせてくれません(^^;)
それを、ライトのほうに引きつけて、バシっと撮ったつもりでしたが、
またしても、ピントが合わず(+_+)
でも、眼球がハート型で、可愛いです(*^_^*)

もうちょい時間があったら、
粘ってジャスピンな写真を撮りたかったんですが、
(無減圧残)5分。


深場での、最後の目標物。

クルマダイyg&ミジンベニハゼ
クルマダイyg&ミジンベニハゼ。
時間が無いので、構図を考えてる余裕などなく、
このようなお粗末な構図に(^^;)
クルマちゃんには、そっぽ向かれっぱなしでしたので、
ミジンちゃんに集中して、渾身の1枚。

ミジンベニハゼ
F5.6
1/50

失敗は許されないので(笑)、ちょい絞って。


ダイコンの表示が、点滅しました。
残、3分。

3分で点滅って、ウルトラマンみたいです(笑)
kinnikun_yuiのウェットスーツは、ウルトラマンみたいなカラーリングですので、
ウェットだったら、「ショワッチ」とか言いながら急浮上するんでしょうが(笑)、
ドライなので、ゆっくり浮上を開始します。
(ちなみに、ドライも、「地味~なウルトラマンもどき」な配色です(笑))


ゆっくり深度を上げつつ、
kinnikun_yuiにしては珍しく、カメラをワイド用の設定にしていきました。

…のに、ガイド氏ったら、
ケラマygとか、ハコフグygとか、ミナミギンポとか、
通りすがりに、マクロ系の被写体を、
ちょこちょこと紹介してくれます(笑)

証拠写真しか撮れなかったので、紹介しませんが(^^;)


で、ちょっとずつ深度を上げて、
2大メインのもう一角。

アジ&カマスの群れ群れ<゜)))彡 >゜))))彡 (゜))<<

頑張ってワイドを撮ったつもりやったのに、
肝心のクローズアップレンズを外し忘れて、
ボケボケな写真を量産してしまいました(^^;)

最後のほうに気づいて、外して撮ったうちの2枚。

アジの群れ①
アジの群れ②

kimiさんの真似をして、モノクロ処理にしてみました^m^


エキジット寸前、ラッパウニを発見。

ゼブラガニ①
ゼブラガニ②

クウキが無くなる手前まで、ゼブラガニと戯れました。
最後の最後で、マクロで締めれて、大満足の2本目も、
気づけば63分も潜ってました(^^)




Dive No.83 内浦ビーチ

水温 18.9度(高い!)
透明度 10~15m
エントリー 12:43
エキジット 13:46
潜水時間 63分
残圧 180→10(スチール10L)
平均水深 13.4m
最大水深 25.0m



ダイビング終了後、(写真家)阿部秀樹氏のサインを頂いちゃいました。

阿部氏のサイン
さっき気付いたんですが、
日付が間違ってます(^^;)

「やっぱり男はハダカ(ハオコゼ)だ」なんて、
意味不明ですが、意味は有るんです(笑)


2012.01.23 須江ダイビングのログ、1本目。

だいぶ日が経ってしまいましたが(笑)、
ダイビングログを、掲載します。
やっとこさ、1本目書けました(^^;)


2012年1月23日(月)。
朝、5時20分くらいに自宅を出発。
暫く走って、高速に乗るあたりで、雨が…

たしか、天気予報は「はれ」だったような…

kinnikun_yui、晴れ男やったはずなのに、
いつから雨男になったのか…!?

なんて、ちょっぴり心配もしましたが、
そこは、晴れ男パワーで(というよりも、予報どおり^^;)
和歌山県南部は、綺麗に晴れてました。

いつもなら、印南SAあたりに寄って、
トイレ休憩&コーヒーを買うんですが、
何故か、この日は尿意も眠気も襲ってこなかったので、
須江ダイビングセンターまで、約3時間半、
ぶっ通しで走りました。

そして、到着。
サクっと準備をして、ビーチ(内浦ビーチ)へ出発。

ガイド氏(須江ダイビングセンターのS口さん)と、マンツーマンです。
冬の平日とはいえ、ベストシーズンの須江の海を、
ガイド氏とマンツーマンで潜れるなんて、美味しすぎでした(^^)

ちなみに、この時は、
写真家の阿部秀樹氏が、須江に滞在されてて、
kinnikun_yuiたちよりも、一足先に、エントリーしていきました。

阿部氏、近日、「海藻図鑑」なるものを出版、発売されるらしいです。
(買うかどうかは別として(笑))、要チェックです(^^♪

また、夏(6月)には、フォトセミナーを、
須江で開催されるみたいです。
kinnikun_yuiも、参加検討中です(・ω・)ゝ


話は逸れましたが(笑)、エントリーします。
スチール(タンク)の10Lと12Lを選択可能なんですが、
普段、kinnikun_yuiは、10Lを選択するんです(エア喰いなのに^^;)
ですが、1本目の狙いが、「(遠いところに居てる)ニシキフウライウオ」なので、
12Lを背負いました。


ドボン。


さすがにベストシーズンなだけあって、綺麗です。
ちょこっと潜降して、水深7~8mくらいの中層を、
ひたすら泳ぎます。(底を進まないのは、エアーの問題、窒素の問題もあるので)
中層を泳ぐダイビングは苦手ですが、
ニシキ君に会う為、頑張って泳ぎます。

ガイド氏は、(ブリーフィングで)だいたい7分くらい、って言ってましたので、
大体それくらい泳いだんでしょう。
少しずつ水深を下げていって、水深約20m、
「目的地」へ、まっしぐらのガイド氏。
流石ですねー!


で、こんな感じで、写真を取りまくりました。


ニシキフウライウオ

た~~っぷりと失敗写真(笑)を撮ったあと、
(内浦ビーチの)エントリー口のほうへ、徐々に戻ります。

の前に、ニシキ君のご近所に居たやつを、2枚ほどご紹介。

オドリカクレエビ
オドリカクレエビ。
かなり寄れましたが、背景地味すぎ、ピントが(僅かに)ずれてる(^^;)


サツマカサゴ
サツマカサゴ。
大きめなので、愛のない写真です(^^;)


だいぶ戻ってきたところで、
ガイド氏が、オオモンカエルアンコウを教えてくれました。

オオモンカエルアンコウ


その他の画像は、こちらをご覧下さい^m^ 

…と、大きいわりに、そこそこ愛のある写真が撮れた、と思ってたら…


右膝が、チクリと痛いです(+_+)

あちゃー。
やってしまいました(-_-;)

(下に居た)ガンガゼに、膝を突っつかれてしまいました(+_+)
(突っつかれたと言うのか、浮力コントロールできてなくて自滅したと言うのか^^;)

痛いのは(大したことないし)我慢できますが、
脳裏に「水没」という言葉が、浮かんできました(・・;)


そんなこんなで、ちょいブルーな気分のまま、
第二目的地へ。
ウズラカクレモエビです。
が、先日ご紹介したばっかりですので、
こちらをご覧下さいませ(笑) 


そして、第三目的地、ハダカハオコゼ<゜)))彡

ハダカハオコゼ
先日の画像とよく似た構図ですが、
(手前の)胸鰭にピントが合っちゃった失敗写真です(^^;) 

ハダカ君を撮ってる時には、
「ドライ水没してるかも!?」っていうブルーな気分を引きずってない、
のーてんきなkinnikun_yuiでした(笑)


たっぷりと写真を撮って、1本目終了です。
水温が高かったのと、ちょい厚着してたのもあって、
水中では寒さを感じなかったのもあり、
なんと、68分も潜ってました(笑)



Dive No.82 内浦ビーチ

水温 18.5度
透明度 15m
エントリー 9:52
エキジット 11:00
潜水時間 68分
残圧 190→50(スチール12L)
平均水深 11.9m
最大水深 20.3m


ちなみに、水没は、してなかったみたいです。
ですが、(突き刺さった)膝の部分が、ほんの僅かだけ濡れてるので、
2本目も、心配しながらのダイビングになりそうです。




昨日の「なかじま家の食卓」は、ちょいスペシャルバージョン。

昨日は、ダイバー仲間のN君が遊びにきてくれました。
当初は、外食でパパッと済ませようと思ってたんですが、
土曜の夜にサクッと食べられる飲食店が、わが家から徒歩圏内には無さそうなので、
作ることにしました(^^;)


20120211なかじま家の食卓


スンドゥブチゲ
スンドゥブチゲ。
この冬、よくお世話になってます。
kinnikun_yuiのお気に入り手抜きメニュー(!?)です。
時間が無い時に重宝するメニューで、
また近日中に、記事にしたいと思います(^^)


サバたいたん
サバたいたん。
サバの煮つけです。
ごくごく普通に、煮ただけです。


納豆!?
納豆…です。
エリンギとトマトを、角切りにして炒めて納豆と和える…つもりでしたが、

トマトから、水分が出すぎてしまったので(当然と言えば当然ですが^^;)、
トマトソース状になるまで煮詰めて、納豆と和えました。



ごちそうさまでした~
N君、また一緒に潜りましょうね


本日の「なかじま家の食卓」

2日連続「食卓ネタ」です。
決して、「ダイビングネタが尽きた」わけでは、ございません(笑)
「尽きかけてる」のは、確かですが(笑)


20120210なかじま家の食卓


アジの塩焼き
アジの塩焼き。
須江で泳いでたアジじゃないっていうのは、昨日も書きましたね(^^;)
本日は、開いて塩焼きに。
ハーブを隠し味にして、臭みを取りました。


ベーコンオニオン納豆
ベーコンオニオン納豆。
ベーコンと、オニオン(タマネギ)と、納豆を和えたもの。
そのまんまです(笑)

が、味付けに、ひと工夫。
(納豆に付いてる)タレ&からしに加え、
コリアンダー(シャンツァイ)、柚子、ラー油をプラスして、
「毒を以て毒を制す!?」感じで、納豆の臭みを抑えつつ、旨味を加えました。


南瓜のたいたん
南瓜のたいたん。

焚いたん。

普通に言うと、「煮物」。
ですが、「たいたん」って言うと、
言葉だけで、はんなり感が、加味されます(笑)


筍ステーキ
筍ステーキ。
筍(水煮で真空パックで売ってるやつ)を、薄味で煮て、
バターソテーして、ポン酢でジュ~ッっと味付けました。


キャベツの梅ゴマ和え
キャベツの梅ゴマ和え。
キャベツを細切りにして、
ゆがいて(電子レンジでも可)、
冷まして、
ゴマドレッシング&梅ドレッシング(両方とも市販品)で和えました。
でも、これだけじゃぁ、ちょっとパンチ不足でしたので、
コーレーグース(沖縄の、島とうがらしを泡盛で漬けた調味料)を数滴。



ごちそうさまでした~



本日の「なかじま家の食卓」

久々に、晩飯作りました(^^;)
最近、忙しくて、なかなか作る時間が無かったので(+_+)


20120209なかじま家の食卓


野菜炒め
野菜炒め。

ベーコン
キャベツ
ニンジン
大根
昆布(細く刻んだ)

味付けは、「桃〇のラー油」、ハーブ(乾燥)がベースです。


アジの南蛮漬け
アジの南蛮漬け。
須江で泳いでたアジ…ではなくて、富山県産でした(^^;)


赤かぶの漬物
赤かぶの漬物。
市販品です。



ごちそうさまでした~



ぷろふぃ~る

kinnikun_yui

Author:kinnikun_yui
「なかじま家の食卓」時々「ダイビング」
と言いつつ、

ダイビング系のネタのほうが多くなってる、
ヘンテコリンなブログです(笑)

facebookはこちら
 
 

最新記事
最新こめんと
最新とらっくばっく
月別あ~かいぶ
かてごり~
かうんた~
りんく
お天気

-天気予報コム- -FC2-
たいどぐらふ
検索ふぉ~む
RSSりんくの表示
ぶろとも申請ふぉ~む

この人とブロともになる

QRこ~ど
QR
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。